この後ずぶ濡れになる人々

夏の終わりにズブぬれになって思ったこと

昨日は知多半島の大草海岸で歌ってきました。ポツポツ雨になったんであわてて最後の曲やって、そこからかなりの土砂降りでバケツかぶったみたいにズブぬれに(笑)ライブ終了後さらにひどくなる雨の中で、対岸の花火みて(ずっと傘さしててくれたKさんありがとう!)バーベキューやって帰ってきて爆睡。そして現在絶賛風邪の予感中と、このものすごい行き当たりばったり感がたまらない。底抜けに楽しい夜でした。

そしてその後、明け方に今月6日に見送って以来はじめて母が夢にでてきて。はたと目が覚めて自分の中で考えてたいろんなことが繋がってきたような気がしたんであわててここに書いとこうと。ちょう長文だし、まだ頭の中でまとまってないんで書きなぐりですが。

まず思ったのが、人は死んだときじゃなくて、本来の姿で記憶されるんだなあと。そして私にとってはそうあるべきだなということ。
母はもともと5年前にくも膜下出血で倒れて、今回2度目の出血で残念ながら助からずそのままいってしまったのですが、1度目に倒れたとき、おかげさまで外側は何の障害も残らなかったのですが、性格が変わってしまって、気弱でちょっとわがままな子供みたいな感じになったのですね。それはそれで新キャラ出現という感じで、楽しませてもらいましましたが、本当はイライラしたこともあったし、寂しかった部分でもありました。
でも今朝夢に出てきた母は以前の母でした。正義感が強くて、やると決めたら倒れるまでとことんやって、おだてに弱く(笑)人に喜んでもらうことを最上の喜びとしている。

これはこれでなんだかなあと思う部分もあったけど、かっこいいなと思う人でした。
新キャラの母になって、たった5年だったんだけど、もともとそういう人だったことを忘れてたんですよね。昔の母だったらどうするかみたいなことを思い出そうとしても、今の母の印象が強くて思い出せない。
と思ってたんですが、今日の夢を通して、意外とすんなりと昔の母は帰ってきました。そしてわたしはやっぱり昔の母が好きだから、その姿で記憶しておけばいいんだと。

そう思ったらぶわーって泣けてきて、正直これまでもちらほら感情を小爆発させてたけど、コントロールしてる部分があったんですよね。

感情ってミルフィーユのようなものですよね。いろんな色、かたちで何層にもなっていて、どれを取り出すかは自分次第でもあるんですが。頭で戦略的に選ぶ方が、「より良い人生」のためにはいいと思うけど、ときにはそういうスイッチを切って、ただの「生物」に戻って、まるごと本能的に感じる勇気も必要だなと。「面白い人生」にしたいなら。そうなることで失敗したり、傷ついたりしてしまうかもしれないけど、その先に見えるものがやっぱり見てみたい。

昨日バンドの人に「もっともっとさらけだせ」みたいなことを言われて、それはいみじくも自分の音楽活動上での課題だったので、ドキっとしました。とくに先月からの怒涛の展開で歌う気力がなくなってたし、ちょっと引っ込みたくなってて「雨の岩戸」みたいな状態だったんですね。自分が。だからこのところ、ちょっと何取り出すか慎重に選んでたんですよ。ミルフィーユの中から。

だけど海と雨がそういう引っ込んでた自分を洗い流してくれて、ポーンとなんか飛び出したっていうか。きっとそれで母の夢もみられたのかな。やっぱり自然は偉大ですねえ。

いつもライブやっているときは、そこにいる人たちと「どこか」に行けたらいいなと思ってるんですよ。だけど、正直それがなかなかできない部分でもあったりするのです。「どこか」に連れて行こうにも自分が家から出てないというか、そういう状態のときもあり。せっかくみんなは旅支度で行く気まんまんなのに、自分はまだ家にいるという(笑)どっちかというと頭で考える派なので、ついついそういうものが邪魔したりとかですね。
でもみんなに来てもらうためには、わたしが行かないと。まだまだ準備ができてないかもしれないけど、とりあえず成り行きでズブ濡れになるくらいの覚悟で。

結局ほんとはそこなんですよね。芸事の本当の楽しみにありかは。苦しみもセットだけどね。腹の底からバカになるっていう。ちょっと理性でコントロールするところを超えたあの最高の場所にまた行けたらいいなあと思ったのでありました。

音楽、海、雨、花火。
なんというかハードな夏でした。ベートーベンじゃないけど、リアルに運命が扉を叩く中で、戻ることができない選択をいくつもしたし、理解できないままに崖っぷちに立たされ、そこから這い上ったり、でも突き落とされたりして何かを感じてるヒマもなかった。
だけど最高にかっこいい生き様の人との出会いもあったし(これについてはまたあらためて書きたい)これからの人生に役立つ詰め合わせセットをたくさんいただいた夏でもあったなと。

見守りふくろうさん
見守りふくろうさん

生徒さんからいただいたふくろうさん。「見守り」ふくろうさんなんだって。
今回、生徒さんからもたくさんの言葉や気持ちをいただきました。今までわたしが生徒さんに差し上げてきたほんとにささやかな気持ちにいっぱいいっぱい利子がついて返ってきた感じで、気づかないうちに、わたしこんなに貯金してたんだとわかってすごくすごくうれしかった。いや、貯金っていうとおこがましいかもしれないな。もっともっと大きな宝くじレベルです。本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です