ittakestwo

詩ふたつ、志ふたつ。

そうこうしているうちに、あっという間に2015年の暮れが迫ってきてしまった。

今年は本当にいろんな別れがあり、身内の別れもあったけど、一方的な思い入れをしていた人たちとの別れもあった。その中でもわたしにとって大きなふたつの死について。

詩ふたつ-長田弘
ひとりは長田弘。5月3日に亡くなった。真実の言葉をすっと、渡してくれる人だった。まっすぐだけど、決して鋭く刺してくるような言葉ではなく、さらりと飲み込める言葉だった。鬱陶しいポジティブではなく、ただ素直な肯定があった。
2010年発行の「詩ふたつ」という詩集。
クリムトの絵とともに、「花を持って会いに行く」「人生は森のなかの一日」という、2つの詩が収められている。亡くなった奥さまに向けられた言葉は、そのまま、彼の言葉を心に刻んできた者たちに遺された言葉になった。どんな詩なのかはぜひ読んでいただきたいので、あとがきよりちょっとだけ抜粋。

亡くなった人が後に遺してゆくのは、その人の生きられなかった時間であり、その死者の生きられなかった時間を、ここに在るじぶんがこうしていま生きているのだという、不思議にありありとした感覚。
「詩ふたつ」に刻みたかったのは、いまここという時間が本質的にもっている向日的な指向性でした。心に近しく親しい人の死が後にのこるものの胸のうちに遺すのは、いつのときでも生の球根です。喪によって、人が発見するのは絆だからです。

もうひとりはMark Murphy。10月22日に亡くなった。「歌うことは語ること」だと言うは易しだが、問題はそれがどういうことなのかということだ。個人的にはそれはinterpretすることであると思っている。interpretは解釈し、それを自らのフィルターを通して自らの表現として提示するということだ。彼はボーカリスト、ミュージシャンである以上に、最高のinterpreterであったと思っている。その上、その解釈をとても冒険的でヒップなスタイルで、見せ続けてくれた人だった。これからもわたしは彼の遺したものを聴いて、わくわくし続けるんだ。ひとつひとつ、玉手箱を開けるように。


Two Kites
ジョビンのも好きだけど、彼のバージョンは本当に飛ぶんだ。自分はライブでやって墜落したけど(笑)

Give me a moment
Just to finish this brew
To undo the voodoo
That kept you away

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です